KINETROLキネトロール

株式会社三共商事は2016年よりKINETROL社の日本総代理店としてアクチュエータ、
回転式ダンパーの取扱をしています。

回転運動の減衰、振動抑制、安定作動に!

ダンピング方向は片方向、両方向の選定が可能です。
減衰力は固定式と調整式をご用意しています。

  • ロータリーダンパーは、シリコンオイル密閉式です。リニアダンピングだけでなく、一般的なダンパーやショックアブソーバーやダンパーでは難しい回転型ダンピングを可能としました。
  • ロータリートルクダンパーはエネルギーを熱に変換して外部放出する為、出力トルクは速度に比例し、ダンピング能力を常に一定保持できます。さらに、特殊ダイアフラムを設置し、内部に完璧なシーリングを施す事により、温度による影響を限りなく低くして、高出力で正確なダンピングを実現しました。

特 長

キネトロールロータリートルクダンパーは高粘度シリコンオイル密閉の精密回転型ダッシュポットです。シャフト回転時にスムースな抵抗を与え、回転数に応じてダンピング力が変化します。大別して2種類の構造のダンパーをご用意しています。

①ベーンダンパー

◆決められた角度内を回転し高ダンピングが得られるため、繰り返し運動に適しています。 ◆ダンピングレートはスピードによって変化しません。
    【駆動角】
  • 60度(モデルKD)
  • 215度(モデルLA)
  • 240度(モデルLB)
    【最大トルク】
  • 28Nm(モデルKD)
  • 40Nm(モデルLA)
  • 160Nm(モデルLB)
  • 545Nm(モデルLE)
  • 640Nm(モデルLX)
  • 960Nm(モデルLH)
    【最大ダンピング係数】
  • 450Nm/rad/s(モデルKD)
  • 300Nm/rad/s(モデルLA)
  • 400Nm/rad/s(モデルLB)
  • 12000Nm/rad/s(モデルLE)
  • 18000Nm/rad/s(モデルLX)
  • 180000Nm/rad/s(モデルLH)
  • 調整機能付

●密閉された内部をベーンが60度、215度または240度動く構造です。
●このタイプにはベーンにワンウエイバルブを装着した片側方向ダンピングと、ワンウエイバルブを装着していない両方向ダンピングがあります。
●それぞれ、シャフト側から見て時計方向にフリーである片側ダンピング(FAC)、反時計方向にフリーである片側ダンピング(FC)両方向ダンピング(DD)の3種類をご用意しております。


②連続回転型ダンピング

◆低ダンピングで連続回転での制御に適しています。 ◆ダンピングレートは回転速度によって変化します。
    【駆動角】
  • 連続回転(規制角度なし)
    【最大ダンピング係数】
  • 20Nm/rad/s (T-CRD)
  • 調整機能付

●多数の溝を設けた回転子と固定子との間でシリコンオイルがせん断される時に抵抗力を生じます。
●回転子と固定子の相対速度とシリコンオイルの動粘性係数とが組み合わされて、種々のトルクが発生します。
●調整機能の付いたモデルでは回転子と固定子の間隔を変えることで、せん断抵抗が変わり、より適正な調整が可能です。

お問い合わせ
KINETROL(日本総代理店) プラント工事・メンテナンス.com 工事設備・技術ニュース